ホーム > 学校概要-校長挨拶
 





東京都立杉並高等学校
校長 金 澤 利 明


 本校は、昭和28(1953)年に創立され60年余の歴史のある学校です。教育目標は「自主・素直・気魄」を掲げ、素直な心と強い意志をもって自分で正しく判断し、物事に取組むとともに、明るく、活動的な素晴らしい校風を作り上げてきました。
 本校は、東京都教育委員会から「部活動民間委託モデル校」「文化部推進校」「中堅校における学習指導・進路指導に関するモデル校」など様々な指定を受け、特色ある学校づくりを進めているところです。
 特に使える英語を身に付けるとともに、今後さらに進展する国際社会に通用するグローバル人材育成に努めるため、今年度から目指す学校像の第一に
 「豊かな国際感覚を備えたグローバル人材を育成する学校」としました。本校では、国際社会の一員としての自覚と、これからの多文化共生社会に貢献できる人材を育成することを目指しています。
 また、本校の様々な取り組みから新たな伝統を作り上げることを主眼として、「新たな道を切り開く」をキャッチフレーズに、自ら学び、心身ともに健康な知力、体力を身に付け、社会や世界の動きを見通し、より高い目標を目指して、人生をたくましく切り開いていく人材に育てることを推進していきます。